水素水を温めてもいい温度

冷たい水を飲むのはつらい・・

水素水を健康維持のために飲んでいるという方は多いでしょう。悪玉活性酸素を除去してくれるとして注目が高まっている水素水ですが、体の中でもその効果が働いていると期待したいものです。さて、そんな水素水サーバーでの水素水の飲み方ですが、冬は冷たいものを飲むのが嫌という女性も多いかと思います。なるべく体を冷やしたくはないですよね。一日に2リットルは飲んだ方が良いといわれる水ですが、冬はそれをお湯に変えている方もいるかもしれません。ですが水素水は沸かして飲んでも効き目は変わらないのでしょうか?その効果的な飲み方とは?

加熱はできる!

水素水を沸かすと水素が抜けて、普通の水になってしまうときいたことはありませんか?だから冷たいまま飲んでいたという方も多いです。確かに水素はもともと、熱にあまり強くなく、沸かすと水素が抜けてしまうのは事実です。ということは、沸騰させずに温めればよいのです。沸騰する前に火からおろします。そうすることで水素を残したまま、温かいお湯を飲むことができます。ではどのくらいの加熱なら大丈夫なのでしょう。温度にすると80℃までなら水素が抜けてしまうのは防げるようです。ご高齢の方には特に水素水を温めて飲んで欲しいという専門の方もいます。冷たい飲み物は内臓の機能を低下させますし、温めて飲んだ方が免疫力も下げずに済みます。ちょうど緑茶を入れるときの温度くらいで飲むと良いかもしれません。パウチの水素水を飲んでいる方は、湯煎して温める方もいるようです。そのように体を冷やさないように工夫して水素水を飲んでくださいね。